美を追求する全ての女性に告ぐ|ヒアルロン酸注射でカンタン若返り

婦人

リフトアップ治療

たるみ

治療方法

年齢を重ねると共に、体中の細胞が老化していきます。生きている限り老化現象は必ず発生してくるものですから、自然の摂理にかなった当然の現象だということができます。しかし、何らかの原因で老化現象の出現時期が早まってしまうことがしばしばあります。特に、皮膚が薄い顔に老化現象が早く現れるケースが多いのですが、頬のたるみやシワのせいで実年齢よりも老けて見られるようになり、悩んでしまう人が少なくありません。その症状を確実に改善したいと望んでいるのであれば、美容外科の治療を受けるのが一番です。たとえば頬のたるみを改善したいのであれば、耳の付け根部分にメスを入れて皮膚を引っ張り上げるフェイスリフト手術や、高周波治療、注入系治療、特殊な糸を埋め込む治療などを受けることができます。ただし、治療方法によって効果持続期間や費用が大きく変わってくることになりますので、治療を受ける前にしっかりと確認しておく必要があります。

糸を用いる治療

頬のたるみを改善する方法としてここ数年注目を集めているのが、特殊な糸を顔に埋め込むリフトアップ手術です。使用する糸の種類ごとに、フェザーリフト、エンジェルリフト、金の糸などと異なる呼び名がつけられていますが、治したい部分をピンポイントで治療することができるため、高い人気を集めています。頬のたるみが生じていると、顔が大きく見えてしまったり、ほうれい線が目立つようになってしまったりします。どちらも顔の美しさを損ねてしまう症状ですので、早めに治してしまうのが一番です。とはいえ、肌にメスを入れる手術はリスクが大きいので、気軽に治療を受けてみる気にはなれないという人が大半です。高周波治療であれば、身体が受けるダメージを最小限に抑えられますが、治療効果が長持ちしないというデメリットがあります。その点、特殊な糸を肌に埋め込む方法は、肌の表面に傷跡が残らない上に、治療効果が10年近く持続します。そのため、ここ数年は特殊な糸を埋め込むリフトアップ手術を受ける人が増加しています。